医療概論

カリキュラムの大きな柱の一つとして、医師患者関係、チーム医療、地域医療(プライマリ・ケア)、医療安全、ヘルスプロモーション、医療倫理、プロフェッショナリズムなど、臓器別・症候別の枠組みでは修得が難しい領域について体系的に学ぶことを目的として、1~5年次の全ての学年に「医療概論コース」が設置されています。