チームワーク演習(ケアコロキウム)(3年次)

チーム医療・専門職連携の重要性について学ぶことを目的として2006年度より導入された、医学類3年次(約100名)、看護学類4年次(約80名)、医療科学類4年次(約40名)の学生を対象とした、3学類合同の専門職連携教育プログラムです。2010年度より大学間連携により、東京理科大学薬学部5年次(約80名)の学生が参加しており、約300名の学生、50名以上の教員が参加する医学群最大規模のプログラムです。
専門の異なる8-9人の小グループで、患者・家族のケアに多職種が関わるケースシナリオをもとに、ケースの問題点、解決策等について討論するInterprofessional PBLテュートリアル形式で学習します。その人がその人らしい生活を送るために、現場の様々な専門職がどのように情報を共有し、各専門職がどのような役割を担い、そして連携する必要があるかを、1週間、時間をかけて討論します。

 

時間割例

[コアタイム]:テューターが同席し、ディスカッションを行う
[グループワーク]:学生のみでディスカッションを行う
[質問タイム]:ケースに関する質問に対してシナリオ作成者が回答する

[まとめのワーク]:全体発表終了後、チームワーク形成の過程を振り返り「素晴らしいチームワークへの提案」をまとめる

 

アイスブレイク

コアタイム

全体発表

 

シナリオテーマ例
  • 末期患者の在宅での看取り
  • 乳がん患者のケア
  • 小児白血病患児と家族のケア
  • 在宅療養を開始した脳梗塞後後遺症患者の事例
  • 胎児がダウン症候群と診断された夫婦のサポート(映像シナリオ)

患者・家族のケアに多職種が関わるケースシナリオをもとに討論を行います。一部映像シナリオを導入し、より臨場感を持って討論ができるよう工夫しています。

 

学生レポートより

今回医学類・看護学類・医療科学類の学生が協力して学習を進めていくことで、やはりチームワークの大切さというものを実感した。それぞれの学類の違った視点からの意見を合わせることで、より多角的で一段階高いレベルの結論を得ることができたと思う。そしてなにより、患者さん・家族と関わっていく上で医療チームが一致団結していくことにより、患者さん・家族によりよい医療を提供することができるということだ。

 

プログラムの効果の評価

<量的研究>

方法

  • 本プログラム開始時および終了時にアンケート調査を実施
  • 調査票: IPE調査票(大塚ら,2006年)を改変して使用
  • 測定項目:専門職の役割の理解、グループワークへの参加、チームに対する考え、連携・協働の理解などに関する項目
  • 「きわめてそう思う」から「全くそう思わない」の6段階のLikert Scaleで回答を得た

結果

  • プログラムの前後で各職種の役割、連携・協働に関して知識面、行動面において得点の上昇が認められ、深い学びが得られていると考えられた。

 

 

 

<質的研究>

方法

  • 2007年度の本プログラムの対象者である医学生3年次 105名、看護学生4年次 65名、医療科学生4年次 34名を対象とした。
  • 内容分析を行い、アンケートより記載項目を抽出し、同類の記載項目を集めてカテゴリー化し、カテゴリー間の関係を図式化した。

結果

  • 医学96名、看護64名、医療科学35名のアンケートより356の記述を抽出し 48の中カテゴリーに分類し、同類の中カテゴリーをまとめ14の大カテゴリーとした。
  • 「専門職連携」、「医療関係職種の理解」、「何通りもの視点・考え方」、「全人的ケア」、「共有」、「コミュニケーション」、「エンパワメント」等のカテゴリーが挙げられ、深い学びが得られていると考えられた。

ケアコロキウムを通して得たもの 記述例

大カテゴリー記述例
医療関係職種の理解 それぞれの医療者の立場や役割がわかりました(医療科学)
自分の考えの気付き 自分がこれまで患者を病変としてしか見ていなかったことに改めて気づいた(医学)
自分の専門性の自覚 他職と協力する際、私自身もプロとして自分の専門に詳しくないといけないと痛感した(医学)
多職種連携 自分だけでは患者の最善の利益を追求できない。医療人すべてと連携を取りチームとして患者に接する大切さを学んだ(医学)
全人的ケア 疾患の治療だけでなく、その後に続くケアにもこれからもっと意識が向くようになったと思う(医学)
コミュニケーション 学んできたものが違う相手に自分の考えを伝える難しさを知った(看護)
エンパワメント ケアとはできないことを手伝うだけでなく、持っている力を伸ばして発揮させるエンパワメントが何より大切だということ(医学)

 

 

*本研究はInternational Journal of Medical Education 2013; 4:9-17 に掲載されました

*本プログラムは平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました