社会医学実習

社会医学は健康の社会的側面に着目した医学の学問領域です。社会医学実習では、保健所や地域の公衆衛生活動に触れ、その実際を学ぶとともに、公衆衛生行政における医師の役割を理解します。また、社会医学領域で用いる測定技術を、実験や演習を通して身につけます。

 

医学教育コアカリキュラムのうち、社会医学実習に関連する項目はミクロからマクロまで、生から死まで多岐にわたっています。

 

A:基本事項

A-4 課題探求・解決と論理的思考

(1) 課題探求・解決能力

(2) 論理的思考と表現能力

(3) 生涯学習への準備

(4) 医療の評価

B:医学一般

B-1個体の構成と機能

(6) 遺伝と遺伝子

B-3原因と病態

(1) 遺伝子異常と疾患・発生発達異常

D-(3)物理・化学因子による疾患

D-(4)成長と発達

D-(5)加齢と老化

D-(6)人の死

D-(7)死と法

F:医学・医療と社会

(1) 社会・環境と健康

(2) 疫学と予防医学

(3) 生活習慣と疾病

(4) 保健, 医療, 福祉と介護の制度

(5) 診療情報

(6) 臨床研究と医療